日本人は北に住む人ほど平均身長が高いらしい

ドイツの生物学者ベルクマンが発見したベルクマンの法則というものがあり、

それによると、「寒い地域の動物の方が体が大きい」という法則が成り立つというもの。

これは日本に住む私たちにもあてはまりそうだという豆知識です。

「そんなアホな〜」と思いつつ、身長について調べた学校保健統計調査という統計をみてみると、

【14歳男女の平均身長】

 高い順から

男子 1位 秋田県(166.8cm)

      石川県(同上)

   3位 山形県(166.6cm)

   4位 青森県(166.2cm)

   5位 富山県(166.2cm)

女子 1位 秋田県(157.8cm)

   2位 青森県(157.6cm)

   3位 山形県(157.5cm)

      富山県(同上)

   5位 石川県(157.4cm)

 逆に平均身長の低い方から

男子 1位 宮崎県(164.0cm)

   2位 沖縄県(164.3cm)

      福岡県(同上)

      愛媛県(同上)

   5位 大分県(164.5cm)

女子 1位 沖縄県(155.7cm)

   2位 宮崎県(155.8cm)

   3位 大分県(156.0cm)

      香川県(同上)

   5位 佐賀県(156.1cm)

これを見ると明らかに北に住む人の方が身長が高い事が分かります。

男子の場合はその差2,8cm、平均で2,8cmという事は百人で280cmですよっ(意味不明)

秋田県が男女共にトップとは驚き。

 突然ですがここで問題です。

 Q、北に住む人ほど背が高い理由として、現在もっとも有力な説は次のうちどれ?

  A、身体検査のとき、何故かボブサップが混じっていたから。

  B、牛乳を噛んでから飲むから!

  C、移動する時はいつもスキップだから。

  D、昼が短いから。

ファイナルアンサ〜?・・・・・

                         ↓

Aを選んだ人→ボブサップが混じる事などありえません。

Bを選んだ人→それっておいしいの?

Cを選んだ人→たまに手と足が一緒になってる人いるよね♪

Dを選んだ人→正解

 日本のどこにいっても食べるものにあまり大差はないので栄養などの問題ではなさそうです。

 すると一番考えられるのは遺伝と睡眠時間です。

 つまりDの昼が短いからというのは言い換えれば夜が長いという事になり

結局、

「じゃあ早く寝ようか」ということになります。

 現在のように夜も明かりがついているようになったのはつい最近の事ですから、環境に適した生活を長い間続けていくうちにそれが遺伝として現在の結果になったと推測されます。(ちなみに現在でも北に住む人の方が睡眠時間が長いようです。一番睡眠時間が短い県は神奈川県なのですがその理由は通勤・通学時間が一番長いから。)

よって今回の噂

「日本人は北に住む人ほど平均身長が高いらしい」は本当!

★蛇足

 今回、この記事を書いていて思い出したのですが、中学生の頃

「高い所から落ちる夢をみてヒュー(ゾー?)と感じている時、身長が伸びている。」

という噂を聞いた事がある。それでその噂をこの噂調査隊で調べようかと思ったのですが私はある事に気がついてしまいました。それは

「どうやって調べるんだろう・・・」

しいていえば、背の高い人に

「夢の中で落ちまくりましたか?」と聞くくらいかな?

2003/02/21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です